上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マフラーガード取り付け

発注していたマフラーガードが届いた。

デイトナ製、サイレンサーヒートガード。

物は、これ。
マフラーガード01

箱の中は、ヒートガード本体、バンド2本、保護シート、取り付けステー、ボルト、ナット、ワッシャー。
マフラーガード02


早速取り付け。
1)まずトランザルプのマフラーカバーの取り外し。
  マフラーカバーの2か所のネジを外し、後ろにずらすと簡単に外れた。

マフラーカバー部。
マフラーガード03

カバーを外したところ。
マフラーガード04


2)次に、ヒートガードに付属しているバンドと保護シートの取り付け。
  マフラーは、後部へテーパー状になっており、取り付けたバンドがずれる
  恐れがあるので、マフラーのリング部?にバンドを通して取り付けた。
  その内側に、同じく付属の保護シートを取り付けた。

後々ずれない様に、マフラーのリング部?にバンドを通して取り付けた。
マフラーガード05

バンドの内側に保護シートを取り付けたところ。
マフラーガード06


裏から見たところ。
マフラーガード07


3)2本目のバンドの取り付けとヒートガード取り付け。
  同様に、2本目のバンドを取り付けた後、
  少し苦労しながらヒートガードをバンドの取り付けステーにネジ止めし、
  マフラーカバーを元通り取り付けて完成。
  (なかなか上手くいかず頭を抱えながら作業をしていたので、この間の写真を取り忘れた)
  ※「ヒートガード」を「取り付けステー」に取り付け様としたところ、小さな隙間しかなく、
    ネジ、ワッシャー、ナットが中々カミ合わず、苦労した。
    もしご自分で作業されるなら、先に「ヒートガード」を「取り付けステー」に仮止めした後、
    バンドをマフラーに取り付けた方が楽に出来そうです。たぶん・・
  ※鉄製のネジはかなり熱くなるので、バッグへの熱の伝わりを抑える為、
    付属のネジとトランザルプのマフラーガードのネジを両方共ステンレス製に変更した。

完成、横から見たところ。
マフラーガード082

後ろから見たところ。
マフラーガード09

裏側から見たところ。
マフラーガード10


確認の為、サイドバッグを取り付けて見た。
見事にガードしている!

サイドバッグをマフラーの熱からガード。
マフラーガード11

下から見たところ。バッグの何処もマフラーに直接触れていない。
マフラーガード12


これで大丈夫でしょう。


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 バイクブログへ
Secret

TrackBackURL
→http://minonaniwa.blog82.fc2.com/tb.php/88-9741e2cf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。