上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トランザルプ 色々取り付け

つづき

次は、マグナからの移植で
フックバーの取り付け。

解説をするまでも無いが、ナンバープレートを止めているネジを外す。
フックバー01

ナットはそのまま利用し、ネジ止めし終了。
フックバー03


シールド付け替え。

大きさの比較
左が初めに付いていた純正品(最大幅約300mm×高さ約295mm)、
右がGIVIのシールド(最大幅約350mm×高さ約450mm)、スモークタイプ。
幅で約50mm、高さで約155mm大きい。
シールド01

4か所のネジを外して、シールドを付け替えるだけ。
幅が広くなり、カウルからもはみ出しているが、
ハンドルとの干渉は無い。

付け替え前。
シールド02

付け替え後。
シールド03


センタースタンド取り付け。

SW-MOTECHのセンタースタンド。
センタースタンド00

取り説と部品。
センタースタンド02

各勘合部にグリスを塗り、取り説の図を見ながら取り付けた。
取り付けは、簡単に出来たが・・・
スプリングを伸ばす事が出来ず、どうしても掛けれない。

ぶら下がったまんまのスプリング。
センタースタンド03

この後、バイクを買ったショップにお願いし道具を借て完了した。
(因みにスタンドを立てない状態で、専用道具を使えば、数分でスプリングを掛けれた。)


タンク保護シール貼り
マグナでは、タンクバッグでタンクに細かい傷をつけていたので、
今回は事前に、バッグを乗せる箇所に透明の保護シールを貼った。


HONDAシール貼り。
最後に、アクセントに「HONDA」のシールを貼って作業終了。

「HONDA」のシール。
hondaマーク

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 バイクブログへ
Secret

TrackBackURL
→http://minonaniwa.blog82.fc2.com/tb.php/78-fd4ebe94
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。