上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ポータブルナビ取り付け

ナビの取り説を見ると、
サンヨーのミニゴリラ NV-JM520DT(ジャパネットたかた仕様)に付属されている
シガーソケット(オス側)には、5Aのヒューズが予め入っている事が判った。

なので、別途ヒューズを取り付ける必要は無いかも?

良く判りません、ど素人の作業なので、そのつもりでご覧ください。
取りあえず挑戦してみた。


自信が無いまま取り付けを行った。
取り付け手順は、

1.シートの取り外し。
  3本のネジを緩めてシートを外す。
配線加工01

配線加工02

シート下にあるバッテリー。
配線加工03

2.バッテリーケーブルの取り外し。
  マイナス端子→プラス端子の順にケーブルを外す。
配線加工04


3.シガーソケットの仮り取り付け
  1)シガーソケット固定用に購入した「立カンバンド」をホーンに取り付ける。
  2)シガーソケットを仮止めする。コードは、ソケットが移動できるように余裕を持たせた。

このホーンのネジを利用する。
配線加工05

「立カンバンド」取り付け後。
配線加工06

前から撮影。
配線加工07

シガーソケットを仮固定。
配線加工08
  
4.シガーソケットのコードの加工
  1)シガーソケットのコードを燃料タンクの下を這わし、バッテリーまで持ってくる。
  2)プラス側のコードとヒューズホルダーのコードに圧着端子を取り付け接続する。

  加工前
配線加工09

加工後
配線加工010

5.バッテリーケーブル取り付け。
  取り外しの時とは逆に
  1)バッテリーのプラス端子に、プラス(赤)のケーブルと、
    シガーソケットのプラス(ヒューズが付いている側)のコードを取り付ける。
  2)バッテリーのマイナス端子に、マイナスのケーブルと、
    シガーソケットのマイナス側のコードを取り付ける。
配線加工11

7.電源供給確認
   ここで確認のため、ナビを繋いだ。

   ばっちり充電中のランプも点燈。(見難いですが右上のオレンジ色のランプ)
配線加工12

配線を結束し終了。
配線加工13

※ナビホルダーをハンドルに取り付けようとしたところ、
  アメリカンタイプであるV-TWINマグナのハンドルは、1インチ径(25.4mm)で、
  取り付けクランプの大きさが小さすぎて(恐らく7/8インチ径=22.2mm)合わないことが判明。
  別途、1インチ径用のクランプを送って頂くことになった。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 バイクブログへ
Secret

TrackBackURL
→http://minonaniwa.blog82.fc2.com/tb.php/66-1a0dc2c4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。