上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
紀伊半島2泊3日 キャンプツーリング その2

2008.11.2 
2日目のルート
潮岬・望楼の芝キャンプ場(R42)-橋杭岩(R42)-白浜(R42)-
南部町・道の駅みなべうめ振興館(R42・県35・R311)-渡瀬緑の広場キャンプ場


大きな地図で見る


6:40起床、雲の間から薄日が差しているので今日も天気は良さそうだ。
気温は、岐阜とは違い早朝にも係わらず寒くなくむしろ暖かく感じる、流石本州最南端。
(出発時の気温は18℃だった)

朝食は・・・
昨晩の四川鍋を翌日の朝食にも回す予定だったが、
完食してしまったので今朝はコーヒーのみとなった。

望楼の芝キャンプ場。無料とは思えない良いキャンプ場だった。
望楼の芝キャンプ場

テントを撤収しバイクに積み終えたのが8:30・・・。
後片付け、テント撤収、バイクへの積み込みに約1時間も掛かった。
どうも段取りが悪い。
(皆さんはどれ位の時間で撤収、積み込みをしているのでしょうか?)

積み込み後直ぐに出発、まずは昨日行けなかった近くの潮岬灯台へ。
が、時間が早すぎて開館前だった。
ここへは以前に訪れた事があるので、開館まで待たず写真撮影し橋杭岩へ向かう。

潮岬灯台。まだ柵が閉まっていた。
灯台

同じく潮岬灯台。
潮岬灯台02


10分程で橋杭岩に着く。
ここで大阪から旅行に来たというおっちゃんに話しかけられる。
私も大阪出身という事を話すと、
和歌山の観光名所の話や昔のバイクの話にと、どんどん話が広がって行った。
因みにそのおっちゃんは昔、陸王というバイクに乗っていたそうだ。

次にこんどはおじいさんに話しかけられる。
その方の息子さん(U氏)はバイクキチガイで(おじいさんが言っていた)、
昔鈴鹿8耐にも出た事があるそうだ。
今でも大手の建設機械メーカーに勤めている傍ら、
駐在先の海外からでもバイク雑誌に多くの投稿を寄せているそうで非常に有名な方らしい。

大阪から来たおっちゃんが撮ってくれた一枚。
橋杭岩02

橋杭岩。海も空も綺麗。
橋杭岩

気が付くと1時間余りが経過、
まだ話足らなそうなおじいさんを振り切るように出発、
白浜を目指し走り出す9:50。

潮岬から白浜までの国道42号は景色もよく、交通量も少なく適度にアップダウンが有り、
いつまでも走っていたいそんな今回一番のコースだ?

この様な海岸沿いの道が白浜まで続く。
R42-03

交通量も少なく、快適に走れた。
R42-01

景色も常に変化し綺麗だ。
R42-02


11:20白浜に到着。
今回紀伊半島を周ろうと思ったきっかけは、
学生時代に自転車とバイクで2度訪れた事を思い出し急に懐かしくなった為。
その時と同じ場所で写真を撮った。

三段壁で一枚。下と同じ場所で撮影、体型がおっさんだ!
三段壁

26年前、バイクで来た時の写真。おなかが出ていない。
白浜学生バイク02

同じく白浜での写真。バイクはホンダのXL125S。髪の毛が多い!
白浜学生バイク01

円月島で一枚。下と同じ場所で撮影。
円月島バイク

こちらは30年前、高校生の時に大阪から自転車で紀伊半島を一周した時の懐かしい一枚。
当時は全て野宿で寝袋さえ持たず(買えず?)、
3泊4日の割りに荷物はフロントバッグ一つで軽装。
自転車はブリジストンのロードマン。
円月島自転車

30年前と変わらずに、本当に綺麗だった白良浜。
白良浜

12:20白浜を出発、次は家族へのお土産を買いに南部町の「道の駅 みなべうめ振興館」へ。


その3へつづく

ブログランキングに参加しています。
↓クリックをお願いします。
にほんブログ村 バイクブログへ

Secret

TrackBackURL
→http://minonaniwa.blog82.fc2.com/tb.php/59-03eb2566
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。