上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
琵琶湖一周、(左回り)ツーリング その2
 
道の駅 しんあさひ風車村-石山(大津市)-安土城址-彦根-道の駅 近江母の郷-岐阜

つづき
次は、琵琶湖の最南端(多分そのはず)の大津市の石山を目指す。

しんあさひ風車を出発してしばらくは、湖岸沿いの景色の良い道を順調に走る。
大津市に入ってから(湖西線の北小松駅付近)は、
国道161号をそのまま走ると湖岸から離れてしまうので、
湖へ出れそうな道を探して、出来るだけ湖岸を走った。
途中、JR湖西線と交差しながらのくねくね道や、
道幅が狭い(車一台が漸く通れる位)道もあるが、
バイクだと問題なく、湖岸の景色を見ながら走る事が出来た。

12:30頃大津市で昼食を摂った。
今回は特に下調べをしていなかったので、全国チェーンのすき家やに入った。
すき家と言えば・・
迷わず、今すき家で一番のお勧め(のはず)の、
こってりうまっ!!お好み焼き味の「お好み牛玉丼」の並み、470円を注文した。

これは、通常の牛丼の上にキャベツを載せ、
そこにお好み焼きソースとマヨネーズが掛けられており更に、
トッピングで鰹節と青海苔が付いている。
その名の通り、牛丼とお好み焼きを合体させた物だった。
が残念ながら味は合体しておらずばらばらで、私の好みではなかった。
牛丼とお好み焼きは別々に食べるほうが賢明だと思う。

琵琶湖大橋に近づくと回りの景色は変わり、高い建物が目立つ。
ここからは素直に国道161号を走り、浜大津で県道18号に入る。
膳所付近では、湖岸は人工的な公園やリゾート地となっていて多くのホテルが立ち並んでいた。

なぎさ公園では、アベックや家族連れが。
琵琶湖13-4

琵琶湖では、水上スキー。
琵琶湖13-3

なぎさ公園から近江大橋を写す。
琵琶湖13

13:50頃、琵琶湖の最南端(と思います)大津市石山を通過。
ここから今回のツーリングのもうひとつの目的である安土城址を目指し、
国道1号で瀬田大橋を渡り、北上を開始する。

ここから、琵琶湖大橋を過ぎる辺りまでが琵琶湖湖岸で最もお勧めの道だ?
道幅は広く快適に走れ、
左側の湖岸は公園であったりキャンプ場であったりと変化し、
右側の景色も、リゾートホテルであったり住宅地であったり田園風景に変わったりと変化に
富んでいる。

道の左がキャンプ場でその左が琵琶湖湖岸。
琵琶湖14

しかし、快適な走りもつかの間、この後10km近い渋滞に巻き込まれる。
後で判ったが、渋滞の原因は琵琶湖大橋東詰めの少し北側に9月20日にオープンしたばかりの
大型ショッピングモールピエリ守山
そこへ行くお客さんの車で渋滞となっていた。
幸い路肩が広く、あまりしたくは無かったが・・スイスイと
20分ほどで抜けることが出来た。

近江八幡市の長命寺まで湖岸を走り、そこから安土町に向かった。
15:20、安土駅前にある安土城郭資料館に到着。

右の建物が安土城郭資料館。左の建物は安土駅の入り口。
安土城郭01

安土城屏風絵陶板壁画
安土城郭02

1/20のスケールで復元された安土城の模型。
築城主は織田信長。
安土城郭03

上の模型がガバっと右と左に別れ、
正確に復元された城の内部まで見る事が出来る。

ガバっと右側。
安土城郭05

左側。
安土城郭04

予定では、この後信長の館や安土城考古博物館に行く予定だったが、渋滞による時間のロスと、
安土城址への入場が16:00迄と知り、
他の施設は今回はあきらめ安土城郭資料館見学後すぐ安土城址へ向かった。
大変楽しみにして来たのに・・
その為に私にしては頑張って朝7:00に出発したのに・・
残念。


(ここから先は、しばらく安土城址の写真が続きます。
あまり興味の無い方は、
まずクリックをして頂き。
にほんブログ村 バイクブログへ
それから、スーと下まで跳ばしてください。)


城郭資料館から安土城址迄はバイクで10分ほど、
15:50ぎりぎりで間に合った。入場料500円を払い入る。

安土城址入り口。
安土城址01

大手通。石段がキツかった。
安土城址02

豊臣秀吉邸址
安土城址03

織田信忠邸址
安土城址04

大手通の石材として、多くの石仏が使われている。
安土城址05

この上が天主閣址
安土城址06

ひざがガクガクになりながら漸く天主台址へ。
天主は1582年に焼失、その後350年以上経った、昭和15年に初めて調査が開始された。
天主台址。
安土城址07

安土城址08

天主台址からの景色。
安土城址09

少し感慨にふけりながら見学を終える。
次回はもう少し余裕を持って来て、信長の館や安土城考古博物館を見学しようと思う。
時刻は17:00。
少しゆっくりしすぎた、安土城址を出発。

あっ!琵琶湖に沈む夕日を撮ろうと思っていたのをその時思い出した。

湖岸まで急ぎ何とか日没に間に合った。
が、砂浜まで出てみたが湖の上にお日さんがいない。
この辺りは琵琶湖が北西方向に有り(湖岸が北東から南西方向にあると言った方が正確?)、
その為今の季節は、お日さんは湖ではなく陸地に沈むのだ。

残念な一枚。
琵琶湖夕日01

綺麗だが、残念なもう一枚。
琵琶湖夕日02

夕暮れの道を、出発地の道の駅 近江母の郷へ向かい走る。
日が明るければ湖の綺麗な景色を見ながら走れるのだろうが、今は薄暗い湖面しか見えない。

彦根城を横目で見ながら、琵琶湖一周の出発点道の駅 近江母の郷に到着。
時刻は、17:45。

もうお客は誰も居なかった。寂しい道の駅 近江母の郷
終点近江母の郷


少しの間小さな達成感に浸り、17:50自宅へ向け出発。

来た通りの国道21号を東へ向かい走る。
伊吹を過ぎた辺りで少し寒くなり、アウトドア用のジャケットを羽織る。

途中、毎度の大垣市手前までの渋滞に巻き込まれながら、無事自宅に到着。
19:50。


データ
・本日の走行距離 375.5km
・琵琶湖一周のみ距離
 (道の駅母の郷から母の郷迄) 237.1km
 (普通に回れば200km弱です。湖岸に沿って走った事と、安土城址に寄ったり迷ったりした事で
  増えたと思う。)
・総給油量  12.06L
・平均燃費  31.14km/L(←過去最高を記録。でも何故?)

・気温
 岐阜市 出発時朝    7:00  13℃
 米原市(近江母の郷)  8:30頃 18℃
 大津市石山       14:00頃 25℃
 米原市(近江母の郷) 17:50頃 19℃
 関が原近く       時刻不明 16℃
 自宅           19:50  16℃



Secret

TrackBackURL
→http://minonaniwa.blog82.fc2.com/tb.php/54-afcb0e13
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。