上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
初めてのキャンプツーリング 1日目-?
岐阜―野麦峠―奈川渡ダム―安房トンネル―平湯キャンプ場

野麦峠から奈川渡ダムまでの県道39-26は下で狭い道が続く。
奈川渡ダムの所で道は国道158に突き当たり、
右は長野県松本市へ、左は上高地~安房トンネル~平湯温泉へ続く道となる。

そこを左折し、本日の目的地安房トンネル~平湯温泉を目指す。
安房トンネルまでの国道158は、
これでもかと言う位、狭く暗いトンネルが多く続く。
行楽シーズンで上高地へ行くと思われる車で道は混雑しており、
その為かトンネル内は排気ガス臭く、道幅も狭く非常に走りにくい道でした。

15:00頃安房トンネル入り口に到着。
安房トンネルは、道幅も広く明るくて走り易いトンネルでした。
トンネル出口にある平湯料金所で料金600円を払い、
左方向へ進み(信号をワープ出来る)そこから数百メートルで、
本日の目的地平湯キャンプ場(平湯野営場)に到着。

管理棟で、入場料(600円)+バイク料金(300円)+ひらゆの森温泉料金(400円=20%off)を
支払い、国道をはさんだ向かい側のキャンプ地へ移動。
早い時間であったが3連休とあってキャンプ場は非常に混んでいた。 
テント設営に選んだ場所はバイク乗り入れ禁止区域だったので、
荷物を運ぶのに楽な駐車場のすぐ横の林間を選択、
自宅での練習の甲斐もあって?15分ほどで設営完了。

↓テントは初使用の小川キャンパル製、アーディンDX-?。
傾斜地に設営。これ位は問題無いと思っていたが、
この後テント内で体が転がり大変寝にくかった。
テント


テント設営後、10km程離れたスーパーへ行きビールと朝食用のパンと卵を購入。
パンは、ほとんが売り切れ。
大きな商品棚にポツンと残っていた最後の1個をゲット。
(※キャンプ場近くにコンビニは無く、一番近いスーパーでも国道471号で
新平湯温泉を過ぎた当りまで(約10km程)行く必要があるので、
現地での食糧調達を予定されている方は注意が必要です。)

その帰りにひらゆの森温泉へ。
ひらゆの森温泉には多くの露天風呂が有り、本当に気持ちが良く疲れを癒た。
キャンプ場からも徒歩10分と近く、是非お勧めします。

夕食は、即席のあんかけスパと即席のワンタン。
料理は苦手で何も作れないので、出来るだけ簡単に出来る物を準備して来た。
キャンプ場で食べる物は不思議とおいしく感じる、
お酒を飲みながらで少し量が多かったが、おいしく完食。

夕食

その後家族に、無事到着した事の連絡と
練習の甲斐があって無事設営出来たテントと料理の写メールを送り20:30頃就寝。

夜中0:30頃、寒さと、となりのテントから響いてくるいびきの音と、
地面が斜めで寝心地の悪さの3重苦で目を覚ます。
重ね着と耳栓をし、体が転がらないようバッグを体の横に置き2:30頃再び就寝。

余談
使っているシュラフはモンベル製で、
学生時代(28年ほど前)に1万円位で購入した物で
安物ではないと思うのですが(羽毛ではない)、使用可能温度も判りません。
今まで寒いと思った事はないので寿命なのでしょうか?
次キャンプに行くときには新しいのを買お。

データー
本日の走行距離 259km
気温
岐阜市  9:00頃 28℃
高山市 11:30頃 28℃
野麦峠 14:00頃 24℃
平湯キャンプ場 
     16:00頃 18℃

つづく


↓クリックお願いします。
にほんブログ村 バイクブログへ
Secret

TrackBackURL
→http://minonaniwa.blog82.fc2.com/tb.php/47-f5f4ef8f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。