上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
マフラーガード取り付け

発注していたマフラーガードが届いた。

デイトナ製、サイレンサーヒートガード。

物は、これ。
マフラーガード01

箱の中は、ヒートガード本体、バンド2本、保護シート、取り付けステー、ボルト、ナット、ワッシャー。
マフラーガード02


早速取り付け。
1)まずトランザルプのマフラーカバーの取り外し。
  マフラーカバーの2か所のネジを外し、後ろにずらすと簡単に外れた。

マフラーカバー部。
マフラーガード03

カバーを外したところ。
マフラーガード04


2)次に、ヒートガードに付属しているバンドと保護シートの取り付け。
  マフラーは、後部へテーパー状になっており、取り付けたバンドがずれる
  恐れがあるので、マフラーのリング部?にバンドを通して取り付けた。
  その内側に、同じく付属の保護シートを取り付けた。

後々ずれない様に、マフラーのリング部?にバンドを通して取り付けた。
マフラーガード05

バンドの内側に保護シートを取り付けたところ。
マフラーガード06


裏から見たところ。
マフラーガード07


3)2本目のバンドの取り付けとヒートガード取り付け。
  同様に、2本目のバンドを取り付けた後、
  少し苦労しながらヒートガードをバンドの取り付けステーにネジ止めし、
  マフラーカバーを元通り取り付けて完成。
  (なかなか上手くいかず頭を抱えながら作業をしていたので、この間の写真を取り忘れた)
  ※「ヒートガード」を「取り付けステー」に取り付け様としたところ、小さな隙間しかなく、
    ネジ、ワッシャー、ナットが中々カミ合わず、苦労した。
    もしご自分で作業されるなら、先に「ヒートガード」を「取り付けステー」に仮止めした後、
    バンドをマフラーに取り付けた方が楽に出来そうです。たぶん・・
  ※鉄製のネジはかなり熱くなるので、バッグへの熱の伝わりを抑える為、
    付属のネジとトランザルプのマフラーガードのネジを両方共ステンレス製に変更した。

完成、横から見たところ。
マフラーガード082

後ろから見たところ。
マフラーガード09

裏側から見たところ。
マフラーガード10


確認の為、サイドバッグを取り付けて見た。
見事にガードしている!

サイドバッグをマフラーの熱からガード。
マフラーガード11

下から見たところ。バッグの何処もマフラーに直接触れていない。
マフラーガード12


これで大丈夫でしょう。


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 バイクブログへ
スポンサーサイト
伊豆半島キャンプツーリング 1日目
-小さなアクシデント‐


2009.5.2
1日目のルート
岐阜市(東海北陸道・名神・東名)‐沼津IC(R1・R136)-伊豆スカイライン熱海峠IC(伊豆スカイライン)-
冷川IC(県59・12・R414)-旧天城隧道(R414・R135・R136)-下田市須崎、恵比須島(R136・県16)-
石廊崎魚港(県16・R136)-オートキャンプ場花沢+平六地蔵露天風呂


GW+ETC1000円乗り放題の影響で大渋滞が予想されるので、
気合を入れて5:00起床。
朝食を済ませ、PCで高速道路情報を確認すると、
既に高速上に渋滞を示す赤いラインがあちこちに・・
世間の皆さんの方がはるかに早起きだった。


5:40出発。
今回は、時間に追われることなく伊豆半島をゆっくり回りたかったので、
出来るだけ早く伊豆に着けるように高速に乗る。

東名高速の岡崎IC迄は順調に走行していたが、音羽蒲郡あたりで数キロ程の渋滞の列に突入。
その後渋滞を抜けても、次々と短い渋滞に突入して行った。
それでも早朝が幸いしてか、車は止まる事無く流れており
10:20に沼津ICに到着。
料金5,000円弱を払い高速を降りた(T_T)。

まだETCが付けれていないので(ショップでは未だ予約すら受け付けてもらえない)仕方がない・・

ここまで丁度300km、
ガソリンの給油表示が出ていたので給油を済ませ、
本日最初の目的地の伊豆スカイラインを目指す。


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 バイクブログへ

... 続きを読む
伊豆半島キャンプツーリング 2日目
‐アクシデント‐

2009.5.3
2日目のルート
オートキャンプ場花沢(R136)‐堂ヶ島(県59)‐仁科峠(西伊豆スカイライン)‐
戸田峠・だるま山高原レストハウス(県18)‐戸田(県17)‐内浦湾‐富士見パークウエイ×

6:00起床。
天気は晴れ。
朝食を済ませ、テントの撤去作業に入る。

オートキャンプ場花沢
オートキャンプ花沢01

キャンプ場の全景
オートキャンプ花沢02

随分と進歩したか、1時間ほどで積み込みまで完了。
8:00出発、まずは近くの堂ヶ島を目指す。


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 バイクブログへ

... 続きを読む
伊豆半島キャンプツーリング 2日目 -2
‐アクシデント‐

続き

富士見パークウエイに入って最初のカーブが思っていたより急で、
無意識的に前輪のブレーキを掛けたところ、そのまま前輪がロックし滑り転倒。
幸いスピートがそれ程出ていなかったので、
対向車線に飛び出す事無く、センターライン付近でバイクは止まった。

その間の記憶ははっきりしており、ハンドルが大きく振れて転倒した事、
ヘルメットが2回アスファルトにぶつかった事、
止まる間際にバイクが左足に乗っかった事など覚えている。

直ぐに、近くにいた方やツーリング中の方がバイクを停めて駆けつけてくれ、
私を抱えて道路脇へ連れて行って下さった。
その後、暫くして救急車が来たので、隊員の方に左足の痛みと痺れを話すと、
映画、羊たちの沈黙のレクター博士状態同様、
手、足、胴体、首等全て担架に固定され(脊髄の損傷を疑われたのだろう)、
救急車に乗せられて、順天堂大学付属静岡病院へ搬送された。
12:30頃だった。

... 続きを読む
バイクが岐阜に戻って来た

皆さん、お見舞いのコメントありがとうございます。


家庭内では今回の事故で、
今週末に家族で行く予定だったUSJをキャンセルし、
家では、布団の上げ下げも出来ない状況で、
家族からは、冷ややかな視線を受け、邪魔者扱いされ、
非常に肩身の狭い思いをしておりました。(T_T)

皆さんは、こんな私を教訓にして、絶対に事故は起こさないよう十分注意して下さい。



昨日、搬送中のバイクが着いたと赤髭男爵より電話があったので、
早速ショップに行って来た。



事故をして岐阜に帰って来た当日に、
次のツーリングに備えて安全性を考え、
パットの付いたツーリング用パンツをネットで検索している懲りない私に一票を↓
にほんブログ村 バイクブログへ


... 続きを読む
トランザルプ 修理、その他費用

赤髭男爵より、事故をしたトランザルプの大よその見積もり額の連絡が来た。

損傷したグリップカバー、ウインカー、チェンジペダル、ステップ、ミラーの部品代と
取り付け費用、それとフレーム等の点検費用で約63,000円。
伊東市から岐阜までの輸送費が12,000円。←格安!
合計で約75,000円かかるそうだ。

幸いにも点検の結果、ハンドルは歪んでおり修理の必要があるが、
フレームの歪みは無く安全に乗れそうな事が判った。


又、某輸入ショップに依頼していた、カウルの費用の見積もり額がメールで来た。
・メインのカウル(タンクに被さっている一番大きな物)、40,700円。←高い!
・未塗装のカウル(メインカウルに繋がっている黒色のカウル)、4,200円。
・アンダーカウル、7,250円。
・グラブバー、25,800円。
こちらは合計で約78,000円+海外からの送料。

これ以外に、
・ヘルメット買い替え(事故ったので)、
・プロテクター付きパンツ(今回一番痛い思いをしているので)、
・エンジンガード(エンジンと高価なカウルを守るため)、
・ダウンサス(足着き性を上げ立ちコケを防止)
等の購入を考えていたが・・
全部合わせると、30万円近くになりそうだ。(T_T)

更に、家へのバイク購入費の返済が毎月15,000円。(^_^;)

これを書きながら落ち込んできた。

そんな費用はどこからも出てこないので、
取りあえずはまず乗れるように赤髭男爵へ修理を依頼した。

それ以外の事は、財布と相談しながらゆっくり考えて決めようと思う。


にほんブログ村 バイクブログへ


ヘルメット シールド交換

今回、ヘルメットの買い替えは後回しにし、
傷のついたシールドのみを交換する事とした。

事故で傷のついたヘルメットとシールド。
特にシールド部の傷が目立つ。
判り難いが、黒のロックボタンも削れて半分位の厚さになっている。
ヘルメット01


先日注文していたシールドが届いた。

商品はアライの
 スーパーアドシスL マックス ビジョンシールド(クリアー)と、
 スーパーアドシスL マックス ビジョンシールド用 ピンロックシート(クリアー)

折角付け替えるならと、少し奮発し曇り止め効果のあるシールドを買った。

これはシールドの内側に、ピンロックシートと言う別のシートをはめ込み、
空気の断熱層を作り、シールドの曇りを抑える様になっているらしい。
詳しくは、こちら→アライ ピンロックシート


... 続きを読む
トランザルプ 修復-1
-ヘッドライト部カウル―

先日、バイクの様子が気になり、
(とは言っても未だ部品が一つも入荷していないので、何にも変わってはいないのだが)
修理の為に預けている赤髭男爵に行った。

なんとなくバイクを見ていると・・
あれっ・・?
こんなところにも傷が・・

又、新たなカウルの傷を見つけてしまった。(ーー;)

場所は、ヘッドライトの左側のシルバーのカウル部分で、
根元から折れている左ウインカーの直ぐ近く。
折れたウインカーに目が行っていて今まで気が付かなかった。

事故の時の現場検証での写真、確かに削れた跡が
ライトカウル03


もうこれ以上見積もりをお願いする気にはなれず、
家に帰ってから、中古品でも入手できないか検索してみた。

そしたら、何と、
そのカウルとグラブバーの中古品が出品されていた。

2つとも即入札し、落札。

... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。