上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スピーカー内蔵ヘルメット加工

ナビの音声や音楽をはっきりと聴けるように、ヘルメットの中にイヤホンを取り付けた。
ミニゴリラの場合、通常の走行ではナビのスピーカーからでも十分音声が聞こえるようだが、
高速道路の走行でも聞けるようにと加工した。

準備として揃えたのは、耳掛け式イヤホン、ボリュームコントロール付き延長コード、
マジックテープ。

準備
1.パナソニック製イヤホン、900円。
出来るだけ薄いタイプを選択した。
イヤホン

2.audio-technica製ボリュームコントロール付き延長コード。998円
ボリュームコントロール

3.粘着テープ付きマジックテープ、100円均一
マジックテープ


ヘルメットへの加工
1.まずイヤホンに付いている、フック(耳に引っ掛ける部品)部分を引き抜く。
イヤホン02

2.イヤホンにマジックテープ(オス側?)を貼り付ける。
まるで専用品の様に、ピッタリの大きさ。
イヤホン03

3.ヘルメットにイヤホンを貼り付ける。
ヘルメット内側の耳の部分が丁度いい具合に凹んでいるので、
その部分に、イヤホンを貼り付けた。
(マジックテープのメス側?をヘルメットに貼るまでもなく、
マジックテープオス側がヘルメットのインナーの生地に直接ひっ付いた。)
左側、加工前
ヘルメット01
左側、加工後 ピッタリ!
ヘルメット02

右側、加工前
ヘルメット03

右側、加工後 ジャストサイズ!
ヘルメット04

4.スポンジの隙間にコードを這わして完成。
スピーカー

これにボリュームコントロール付き延長コードを繋いでナビに接続。
試しに音楽を聴いてみたところ、
室内ではあるが、クリアーな音が聞け、音量調節も問題なく出来た。

早くバイクに乗って試したい・・

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 バイクブログへ
スポンサーサイト
教習所 第二段階

先週の土曜日に教習所に入校し、当日の午後から2時限教習を受け、
昨日と今日も2時限づつ教習を受けた。

今の時期、学生で混んでいてなかなか予約が取れないと聞いており、
それでもなんとか短期で免許を取得しようと、
初日に自分が来れる2週間分のスケジュール表を先生に渡したところ、
最終の12時限まで優先的に予約を取ってもらえた。

予約
2/28(土) 入校式 1時限 2時限
3/7(土)  3時限 4時限
3/8(日)  5時限(第一段階終了) 6時限
3/12(木) 7時限 8時限 9時限
3/14(土) 10時限(シュミレーション練習)
3/15(日) 11時限 12時限
3/17(火) 技能検定

次回は、木曜日に3時限、土曜日1時限、日曜日2時限で規定の12時限は終了する。
その後、来週の火曜日に技能検定を受ける予定で、
合格すれば晴れて大型免許の取得となる。

しかし、教習は確実に消化しているが、
肝心の技能の進歩はあまりない。
なんとか一本橋は落ちずに行けるようになったが、
波状路では、コースをはみ出したり、エンストで転倒もした。

今日は第一段階が終了し、既に第二段階に入っている。
教習時限も半分の6時限が終了。
こんなんで大丈夫だろうか?
少し不安・・。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 バイクブログへ
教習所 残り3時限・・

昨日は、家の用事で会社を休んだ。
用事は朝と夕方だったので、
その間の時間で、予定通り第二段階の7,8,9時限の教習を受けた。

7時限目は初めてコース2の練習を行った。
(検定試験には2つのコース用意されており、
どちらのコースを走るかは試験当日の朝に発表される。
時々コースを間違えて即試験中止になる方もいるそうで
コースを完全に覚えるのも非常に重要と教官に教えられた。)

コースは何とか覚えることが出来たが、
相変わらず一本橋も、波状路も安定しない。
9時限目では集中的に練習させてもらったが、
1/4~1/5回の割合で失敗する。
肩に力が入りすぎている!
ニーグリップも甘い!
と教官に指摘されるが・・

残りは3時限で、内1時限は機械を使ったシュミレーション練習なので、
正味バイクに乗っての教習は後2時限。

かなり不安・・。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 バイクブログへ


教習所 教習終了

土曜日は、10時限目の教習で、
ゲームセンターにある様な機械を使っての危険予測のシュミレーション教習。
日曜日は、11時限、12時限で、検定試験の予行練習として、
本番同様にひたすらコース1、コース2を走り、
12時限の全教習を終えた。

不安だった一本橋は、一度も落下する事なく、
タイムも8秒から9秒と減点はされるがまずまず。
波状路は、規定の5秒以上でエンストもコースから外れる事もなかった。

教官の話だと、一本橋のタイム不足以外減点箇所は無さそうなので、
落下さえ無い様に気を付ければ良いとの事。

唯、本番を意識しての緊張の為か、
コース1、コース2供、一度ずつコースを間違えてしまった・・。
技能より頭脳に不安・・。

予行練習で良かったと前向きに考る事にした。

教習終了後、予定通り火曜日に行われる検定に申し込みをした。

検定は、明日。
コースをしっかり覚えよう。

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 バイクブログへ
教習所 検定試験

火曜日、検定試験は9時からだが、
どちらのコースを走るかは当日の8時に発表されると聞いていたので、
少し早く、8時20分に教習所に行った。

技能より頭脳に不安のある私は、
あれから何度も何度もコース図を見て各コースを覚えたつもりだが、
それでも不安だったので、教習所に着いてからも、
試験が始まるまでの間、頭の中で繰り返し確認した。

9時になると、コースの説明や注意事項が話された後、
試験がスタートした。

結婚式のスピーチを待っているのに似た緊張感の中、
いよいよ自分の番が来た。

頭の思考が半分程度停止しているような状態で、
ほとんど無意識的にコースを回り、課題をこなして行った。

最後の課題の急制動を終えた所で漸く緊張感も薄らいできたが、
ついさっき、私の一つ前の受験者が全課題をこなし、スタート地点に戻った所で
転倒した事を目の当たりにしていたので、(本当に可愛そうだった)
最後まで気を抜かずにと思いながらスタート地点へ戻った。

結果は合格!

午後から、岐阜県の免許試験場で免許の交付を受け、
大型二輪免許を取得した。

夕方、嫁にバイクショップまで送ってもらいトランザルプを受け取った。


ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 バイクブログへ
トランザルプ 初乗り

昼頃、仕事中に頭痛が。
風邪のひき始め?インフルエンザがうつった?
3時になっても治まらないので仕方なく早引きして帰って来た。

その後、家で2時間程寝ていたら頭痛はスッカリどっかに行った。
明日はバーツショップで買い物をして、バイクいじりをする予定だったので良かった。
(仕事よりバイクかよ!バキッ!)
で、火曜日の続きを・・


バイクショップで代金の支払いを済まし、
簡単な操作方法等の説明を受けて店を出る頃にはもう夕方になっていたが、
嬉しくて、家には帰らずそのまま当ても無く走り出した。

取りあえず山の方へ行こうと北へ向かったところ、
根尾谷の薄墨桜(樹齢1500年と言われている、山梨県 神代桜、
福島県 三春滝桜と並ぶ日本三巨大桜の一つ)
への看板を見つけたのでそこに向かって走る事とした。


初めて乗ってみて以前のバイク(V-TWIN マグナ)との違いなど感じた事を少し。
まずシート、
あんこ抜きをお願いし約20mm下げたが、
それでも足の土踏まずの前までしか足が着かない。
と言うか、以前鈴鹿のショップで実車に跨った時とあまり変わっていない印象。
(私の、身長は171cm、股下長は昔人間の標準?)
立ちこけに気を付けよう。

ヘルメット風切り音、
マグナでは、高速を走っていても感じなかったが、
50km/hを超えた辺りからヘルメットから大きな風切り音が聞こえる。
少しあごを引いてやると止まるのだが・・。
バイクに付いているシールドの影響で風が丁度メットに集中して当たる為か?
もう少し観察する事とした。

カーブでは、
少し車体を傾けただけで曲がってくれる、
マグナとの違いにびっくりした。
これがキャスター角度の違い?
(マグナ 35.0°→トランザルプ 28.2°)

トルク、
エンジンが250→680ccと3倍弱になったのだから当たり前だが、
加速もトルクもまったく違う。
低速でもトコトコ余裕で走れる。



マグナとの違いを感じながら走っていると
あっという間に、薄墨桜に到着。
開花時には人で溢れているが、今日は誰もいない。

根尾谷の薄墨桜。満開時は本当にきれいです。
うすずみ桜02


もっと走っていたかったが、用があったのでそこからまっすぐに帰宅。



にほんブログ村 バイクブログへ
↑ブログランキングに参加しています。


トランザルプ シガーソケット取り付け

今日は、2740GGさん(トランザルプ(XL700VA)と一緒日記)に
丁寧に解説して頂いた図を参考にカウルを外し、
マグナからの移植でシガーソケットの配線加工、フックバーの取り付けと、
先月末頼んでいたセンタースタンドとGIVIのシールドが昨日到着したので、
それらの取り付けを行った。

まずは、ソケットの配線加工から。
1)カウルを外す。

タンク部のカウルは4か所の溝に差し込まれており、
ネジを外した後、後ろへずらしてやると外れる。
2740GGさんが言っていた通り、外してしまえば、なんやぁこんな事かぁと思う。
分解・ソケット配線01


2)シガーソケットは、メインスイッチの左側に結束バンドで固定。

矢印の所。
分解・ソケット配線04


3)タンク下に配線をする為、タンクを浮かす。

タンクは、?のネジを外し、
タンクを後ろ(=?)の方向へずらしてやると、持ち上げる事が出来る。
分解・ソケット配線02

タンクを浮かせて、その下を
分解・ソケット配線03

既存の電線に沿わせてシート下のバッテリーまで配線。
この後、バッテリー(シートの右側=写真の上側)に直結した。
分解・ソケット配線06

ナビを繋いで確認。
バッチリ、充電のランプが点灯。
分解・ソケット配線05


今回も、マグナの時と同じようにバッテリーに直結した。
この場合、キーを挿していなくても常時電流が流れている為、
バッテリーの放電が気になるので、次回配線をし直す予定。

づつく・・

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 バイクブログへ
トランザルプ 色々取り付け

つづき

次は、マグナからの移植で
フックバーの取り付け。

解説をするまでも無いが、ナンバープレートを止めているネジを外す。
フックバー01

ナットはそのまま利用し、ネジ止めし終了。
フックバー03


シールド付け替え。

大きさの比較
左が初めに付いていた純正品(最大幅約300mm×高さ約295mm)、
右がGIVIのシールド(最大幅約350mm×高さ約450mm)、スモークタイプ。
幅で約50mm、高さで約155mm大きい。
シールド01

4か所のネジを外して、シールドを付け替えるだけ。
幅が広くなり、カウルからもはみ出しているが、
ハンドルとの干渉は無い。

付け替え前。
シールド02

付け替え後。
シールド03


センタースタンド取り付け。

SW-MOTECHのセンタースタンド。
センタースタンド00

取り説と部品。
センタースタンド02

各勘合部にグリスを塗り、取り説の図を見ながら取り付けた。
取り付けは、簡単に出来たが・・・
スプリングを伸ばす事が出来ず、どうしても掛けれない。

ぶら下がったまんまのスプリング。
センタースタンド03

この後、バイクを買ったショップにお願いし道具を借て完了した。
(因みにスタンドを立てない状態で、専用道具を使えば、数分でスプリングを掛けれた。)


タンク保護シール貼り
マグナでは、タンクバッグでタンクに細かい傷をつけていたので、
今回は事前に、バッグを乗せる箇所に透明の保護シールを貼った。


HONDAシール貼り。
最後に、アクセントに「HONDA」のシールを貼って作業終了。

「HONDA」のシール。
hondaマーク

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 バイクブログへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。